金属塑性加工(金型、冷間鍛造、プレス、溶接)なら、何でもご相談ください。

沿革

明治初年 初代社長の山本榮之助が日本で初のパワープレスを輸入。
浅草小島町でプレス・金型部門を設立、創業する。 
明治37年 日露戦争勃発。一部軍需生産を手がけ、近代大量生産工場としての基礎確立。
大正3年 会社組織とし、化粧品各種容器を製造。
昭和3年 錫鉛製押し出しチューブの製造から印刷までの一貫体制に成功、従来の輸入依存を阻止。
昭和13年 錫鉛の使用が禁止となり、これに変わるアルミ製押し出しチューブの新技法制作に成功。
昭和16年 太平洋戦争勃発。軍需省の管理工場に指定され航空機部品を製造。
昭和20年 大量生産に向く「軽金属の製作法」で特許取得インパクト製造法;冷間鍛造法の基礎発明として注目される。
二代目社長山本榮蔵 特許権10件、実用新案60件 
昭和34年 発明による功績で紫綬褒章受章。
社会事業並びに納税の功績により藍綬褒章、紺綬褒章、木杯下賜、御遺品下賜、有功章、褒章銀杯授与。 
昭和42年 三代目社長 山本榮一就任。
自動化設備に改善。 
昭和55年 葛飾税務署長より優良申告法人として表敬。
昭和61年 四代目社長 山本榮之進就任。
昭和63年 千葉県野田市に工場移転、設備の充実を図る。
平成12年 東京労働局長よりプレス災害防止で表彰。
平成14年 工場を千葉県鎌ケ谷市くぬぎ山へ移転。

▲ページ上部へ