金属塑性加工(金型、冷間鍛造、プレス、溶接)なら、何でもご相談ください。

会社案内(山本工場の会社概要をご案内致します)

※写真をクリックすると拡大します。

  • 千葉県鎌ケ谷市くぬぎ山工場
    千葉県鎌ケ谷市くぬぎ山工場
  • 新京成くぬぎ山駅に向かう道路沿いにあります
    新京成くぬぎ山駅に向かう道路沿いにあります
  • 事務所の入口です
    事務所の入口です
  • 事務所入口から見渡す町並みです
    事務所入口から見渡す町並みです
  • 松飛台工業団地方面の風景です
    松飛台工業団地方面の風景です
  • 新京成くぬぎ山方面の風景です
    新京成くぬぎ山方面の風景です

▲ページ上部へ

会社概要(合資会社山本工場)

社名 合資会社 山本工場 
所在地

[本社]
〒125-0052 東京都葛飾区柴又7丁目9番地16号
TEL. 03-3673-1234 FAX. 03-3673-1263
[工場] 
〒273-0129 千葉県鎌ケ谷市くぬぎ山2-13-14
TEL. 047-311-3850 FAX. 047-311-3851 

代表社員 山本 榮之進
創業

大正3年3月10日

資本金 500万円
年商 1億3千万円(平成16年度・第90期)
社員 9名(男8名、女1名)
パート 6名(男4名、女2名)
営業品目 カメラ外装部品、小型モーターケース部品、送風ファンケース部品、空気清浄器部品、腕時計バンド部品、建築金物部品 
材料仕入先 株式会社小野寺株式会社伊東軽合金、有限会社高雅商会
主な得意先 株式会社高輪製作所、株式会社久力製作所株式会社サーテック日本電産サーボ株式会社
主取引銀行 三井住友銀行葛飾支店
東京シティー信用金庫 京成小岩支店
組織図

▲ページ上部へ

沿革

明治初年 初代社長の山本榮之助が日本で初のパワープレスを輸入。
浅草小島町でプレス・金型部門を設立、創業する。 
明治37年 日露戦争勃発。一部軍需生産を手がけ、近代大量生産工場としての基礎確立。
大正3年 会社組織とし、化粧品各種容器を製造。
昭和3年 錫鉛製押し出しチューブの製造から印刷までの一貫体制に成功、従来の輸入依存を阻止。
昭和13年 錫鉛の使用が禁止となり、これに変わるアルミ製押し出しチューブの新技法制作に成功。
昭和16年 太平洋戦争勃発。軍需省の管理工場に指定され航空機部品を製造。
昭和20年 大量生産に向く「軽金属の製作法」で特許取得インパクト製造法;冷間鍛造法の基礎発明として注目される。
二代目社長山本榮蔵 特許権10件、実用新案60件 
昭和34年 発明による功績で紫綬褒章受章。
社会事業並びに納税の功績により藍綬褒章、紺綬褒章、木杯下賜、御遺品下賜、有功章、褒章銀杯授与。 
昭和42年 三代目社長 山本榮一就任。
自動化設備に改善。 
昭和55年 葛飾税務署長より優良申告法人として表敬。
昭和61年 四代目社長 山本榮之進就任。
昭和63年 千葉県野田市に工場移転、設備の充実を図る。
平成12年 東京労働局長よりプレス災害防止で表彰。
平成14年 工場を千葉県鎌ケ谷市くぬぎ山へ移転。

▲ページ上部へ